八尾市・奥様を5年前に亡くされたご主人様からの遺品整理のご依頼



先日、奥様を5年ほど前に亡くされたというご主人が一人で住んでおられるお宅の片付けのご依頼をいただきました。

奥様を亡くされた約5年前から奥様の持ち物を整理する気力が全く起きなかったそうです。何とかしないといけないとは思うものの、心の整理が全くつかずに約5年経過した今、何とか遺品整理をされる気持ちになったとのことです。

また、この機会に奥様の物だけでなく家の中の不用品も一緒に片付けてしまいたいと思っているとのことでした。

お宅に残っている奥様の荷物はすべて処分して欲しいとのご要望でした。
奥様の衣類を分別させて頂いていた時のご主人の寂しそうな表情を見て、『お洋服を少し残されますか?』とお聞きしました。

しかし今回、気持ちの区切りをつける決意で臨んでおられるとの事で、全部片付けて欲しいとの事でした。

奥様の遺品とご依頼主様の不用品をすべて分別し、搬出してトラックに積み込みました。今回は、4名作業でさせて頂きましたので約3時間ですべての作業を完了しました。

ご依頼主様もやっとすっきりできたと大変お喜び下さいました。

奥様のお洋服を見て寂しそうな表情をされたご主人様、沢山の思い出が蘇ってきたのでしょうね。大切な人を亡くされた方は、それが何年前であっても辛い気持ち、寂しい気持ちは完全には癒えないものなのでしょう。

そんなご主人様を見て、我々はお客様の様々な思いや気持ちの整理をお手伝いさせて頂くお仕事をしているのだと改めて思いました。

今後もご依頼主様の様々な思いを大事に、少しでもお役に立てるご提案を心掛けて参ります。

八尾市・引越しに伴う不用品回収



先日、ご実家のお引越しに伴うお片付け&不用品回収の作業にお伺いさせていただきました。

ご両親が高齢になってきたので、ご依頼主様のお宅を2世帯住宅にして一緒に住むことになったのだそうです。

必要なものは新居へお引越し済みで、ご自宅に残った大量の不用品の片付けと処分に困って弊社へご連絡いただいたのでした。

というわけで、今回のご依頼内容はご両親がこれまでお住まいだったご自宅の片付けと不用品の回収です。

ご両親は共にかなりの読書家であるため、ご自宅には大量の本が残っていました。
全てを新居に持っていくことができないため、たくさんの本を処分しないといけないことにとても寂しそうなご様子でした。

本の片付けをしていると、愛用されていたブックマーカーが出てきました。それを見たお父様から、そのブックマーカーにこめられた思い出のエピソードなど、興味深いお話をお伺いしました。

お部屋の中の荷物を運び出してスッキリしたあとは、お部屋のお掃除。今まで住んでいた家ということもあり、ご依頼主様、ご両親様も一緒に最後のお掃除をしました。

長年住んでいた家には大切なものがあり、思い出が詰まっています。

くらし相談では、思い出のエピソードと共にお客様と寄り添えるように日々精進いたします。

八尾市・遠方にお住まいで数年間放置していた家の遺品整理



先日、遺品整理のご依頼をいただき、作業をおこなって参りました。
ご遺族様であるご依頼主さまは、現在地方にお住いの為、片付けが出来ずに数年間放置状態にあったそうですが、今回、ご依頼主さまが帰省される時期に合わせて遺品整理をさせていただくことになりました。

作業はスタッフ4名で2日間かけておこないました。
数年間放置していたこともあり、リフォームが必要な箇所もありますが、スッキリ物がなくなったお部屋をご覧になり、ご依頼主さまに大変喜んでいただけました。

最近は、今回のご依頼主さまのようにお住まいが遠方である事から、故人様が亡くなられてからもお部屋の物が放置されてしまっているケースが増えています。

遺品の整理は故人様にとっての最後のお引越し。故人様を偲びながらしっかりとおこなってあげる事で、ご供養になると思います。

とはいえ、働き方や家族のあり方も多様化している今、すべてをご遺族様だけですることは難しいこともあろうかと思います。

そんな時は、我々のようなプロの力を借りるというのも一つの手段だと思います。
ご遺族の方々にとりましても、気になりながらもそのままにしておく、というよりは罪悪感が少ないのではないかと思います。

遺品整理に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。