東大阪市・老人ホームに入居される前の生前生理



先日、70代の女性の娘様よりお母様の生前整理のご依頼がありました。
お母様は子供たちがまだ小さい頃にご主人様を亡くし、その子供たちも独立されてから今まで独り暮らしをされていたのだそうですが、最近体調が思わしくなくて病院通いが増え、このまま独り暮らしを続けることに不安を覚えてきたので、この度老人ホームに移られることを決められたそうです。

今のお住まいは4LDK一戸建てで、入居される老人ホームの施設が1DKですので、ほとんどの家財道具を処分することになります。娘様がお二人いらっしゃいましたが、どちらも遠方にお住まいで共働きをされており、なかなか片付けを手伝いに来ることができないとのことで、「母が老人ホームに入居するのに持っていけるものと処分しなければならない物の整理を手伝ってほしい」とくらし相談に依頼をいただきました。

一戸建てのお住いはそのまま売却されるご予定でしたので、建物に傷が付かないように養生処理をし、老人ホームに持っていかれる、家具・家電・衣類・お布団・身の回りの物など、梱包から家具の移動までさせていただき、その後、片付けなければいけない物をリユース、リサイクル、処分品にわけて整理、搬出し最後に清掃して作業は完了しました。

くらし相談には、ケアマネージャーや福祉の有資格者が在籍しておりますので、介護サービスへの相談や、要介護認定を受けるための書類作成に関するご相談などもお受けすることが可能です。
また、介護施設への入居が決まった場合に必要となってくる生前整理も、在籍のケアマネージャーが適宜アドバイスいたしますので、安心してサービスをご利用いただけます。

老人ホームなどの施設入居に伴う生前整理は、「くらし相談」へお気軽にご相談ください。

東大阪市・ご実家の遺品整理のご依頼



今回は、3LDK分譲マンションの遺品整理の作業をおこなって参りました。
ご依頼いただいたのは愛知県にお住まいの50代の男性でした。独り暮らしのお母様が昨年末に亡くなられたのですが、ご依頼主様が愛知県でのお仕事がご多忙なため、ご実家は亡くなられた当時のままになっているとのことでした。
ちょうど一周忌を迎える年末年始でご依頼主様が帰省される時にあわせお見積もりをさせていただき、鍵を預かって遺品整理作業は後日我々にお任せしていただくことになりました。

お母様は、3年前にお父様を亡くしてから独り暮らしをされていたそうです。お母様は歳もとってあまり片付けが得意でなかったようで、お父様の遺品もほぼそのままの状態で、お部屋の中はものであふれている状態でした。

貴重品類については既に整理してあり、お部屋の中にあるものは、お見積もりの時にご依頼主様と処分するもの、残すものの打ち合わせをおこなっておりましたので、その内容を間違えないように徹底して作業にとりかかりました。

住居は、遺品整理後に貸家か売却されるご予定でしたので、台所、リビング、各お部屋の片付けからはじめ、お風呂、トイレなどの水廻りも綺麗にクリーニングさせていただき、8時間あまりで全ての荷物を分別、搬出いたしました。

作業終了後、綺麗になったお部屋の状態を写真で撮影しご依頼主様に確認していただきました。
遺品の中から亡くなられたお父様のものと思われる腕時計と、お母様のものと思われる貴金属が出てきましたので、鍵と一緒にご依頼主様へお届けさせていただきました。

今回のように、遠方にお住まいで遺品整理にお立会いができない場合は、鍵をお預かりしての作業もさせていただきます。 遺品整理で何かお困りのことがございましたら、「くらし相談」にお気軽にご相談ください。

東大阪市・ご夫婦で老人ホームに入居される前の生前生理



今回は、ご夫婦で老人ホームに入居されるご予定の、息子様から生前整理のご依頼がありました。
この秋に今のお住まいから少し離れたところにご夫婦で入居可能な老人ホームができ、現在2人ともデイサービスで介護をお願いしている状態なので、完成後その老人ホームに入居されるご予定でした。

4LDKのマンションから、2DKの2人部屋になることもあって引越し前に処分するものや、やることが多く、体の自由もあまりきかない状態での片付けが思うようにいかないので、今回思い切って生前整理業者に依頼しようと思われたそうです。お見積もりに伺った時は、ご両親と息子様もご一緒に話しを聞いていただき生前整理の費用について納得されご契約となりました。
住居は長年お住いだったため、押し入れやタンスには非常に多くのお荷物がありました。特に物を入れ続け放っておいた押し入れは思った以上に荷物があるもので、必要なもの要らないものにわける作業に特に時間がかかりました。普段お使いの物で老人ホームに持っていくものはそのままにし、残りの持っていけないものはリサイクル、リユース、処分とさせていただき作業は完了しました。

必要最小限の荷物にする以外に生前整理で大切なことは、何を大事にして何を残したいと考えているのか、その判断基準にあります。
今回は、老人ホームに入居されるための生前整理でしたが、不要なものをあらかじめ処分するだけでなく、あわせてエンディングノートを作ると残された家族の相続トラブルもなく、形見分けしてほしい物や、大事に残してほしいものなどがわかりやすくメリットがたくさんあります。
「くらし相談」は生前整理のアドバイザーとしてもお役に立てればと思いますので、生前整理の進め方、片付け方で何かお困りな事がありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。