特殊清掃

特殊清掃とは、孤独死、孤立死、事件、事故、自殺、ヒートショック等の現場で、遺体の痕跡を取り除き、原状回復する清掃作業のことをいいます。
人は亡くなった時点から腐敗が始まります。そして腐敗した体液による床や壁には死臭が染みつき、一般の清掃作業では原状回復ができません。
特殊清掃は、感染症予防、消毒、害虫駆除、室内解体等の専門的な知識、スキルが必要な作業になります。

特殊清掃が必要なのはこんなとき

■悪臭や異臭がする

発見が遅れてしまったご遺体やゴミ屋敷の汚染物からは、かなりの異臭と感染菌が発生します。知識のない人が感染物や汚染物に触れると、ご自身だけでなく周囲の方の迷惑となります。

■遺品整理をしたいが部屋に入室できない

孤独死や自殺、事件等で亡くなった場合、すぐにご遺族様が自ら遺品整理を行うと、汚染物を触れることによる感染、害虫や感染菌を室外へを放出と近隣の方に多大なご迷惑をお掛けすることになるといった多くの危険が考えられます。お客様自身でご遺品整理の為に入室できるレベルまで速やかに脱臭・除菌いたします。

■原状回復が必要

突然の訃報で悲しみくれる中、オーナー様や管理会社様からは早期に原状回復し部屋を明け渡して欲しいと言われて困っているという声もよく聞きます。
くらし相談では、どのような作業現場でも清掃・脱臭・消臭し、原状回復いたします。

■害虫が発生して困っている

ご遺体の発見が遅れてしまったお部屋からは多くの害虫が大量発生します。
夏場のハエですと、約2週間程で成虫になります。誤って室外に放出してしまうと、近隣で害虫が発生し多大なご迷惑になります。くらし相談では、様々な薬品を駆使して全力で害虫駆除をおこないます。

特殊清掃の流れ

特殊清掃が必要な場合の殆どが凄惨かつ強烈な臭気が充満しております。感染症の懸念も拭えませんので、先ずは当社社員が入室し現状を確認し、報告致します。見積提示後、特殊清掃作業に入ります。

1一次消毒と脱臭(感染予防と一時的な臭気低減)

汚染された箇所や空気中に専用の薬剤を散布、無毒化します。

2汚染・感染物除去

布団・家具・床面に付着した体液の除去梱包。
床面は材質により洗浄及び撤去。

3害虫駆除

遺体に発生したウジやハエの駆除を行います。
ハエは繁殖力が強く、また見た目にわからない場所に産卵している可能性もあるため、近隣へ被害が広がることのないよう配慮しながら徹底的な駆除を行います。

4消毒・脱臭作業

遺体から発生した腐敗臭の処理を行います。
濃度の濃い二酸化塩素の噴霧や、強力なオゾン消臭機、専用の洗浄剤を駆使して消臭をおこないます。また、腐敗臭には臭いだけでなく細菌も含まれるため除菌も行います。

異臭の染み付いた思い出のお品のお引渡しについて

ご遺族様のなかには、特殊清掃と合わせて遺品整理をご希望の方もいらっしゃいます。
しかし、異臭が染みついて取れない物がある等、特殊清掃ならではの事情をご理解いただいた上での遺品整理となります。
特に写真や書籍、家具、衣類などは臭いが取れず異臭が残ります。
そういった臭いをご遺族さまに納得してもらえる場合のみお渡しすることになります。

くらし相談は、特殊清掃が必要なご依頼者さまのお立場を十分理解し、その上で故人さまの尊厳を尊重することはもちろんのこと、ご依頼者さまのお気持ちに寄り添った特殊清掃を行います。

年中無休・24時間OK!

TEL.072-813-9963 TEL.072-813-9963

  • メールでご依頼
  • メールでご依頼