大阪狭山市・売却予定の実家の遺品整理



先日、遺品整理のご依頼をいただき、作業に行って参りました。

半年前にお母様が亡くなり、先月、後を追うように介護生活を送られていたお父様がお亡くなり、お見送りをされたのだそうです。

ご両親のお住まいだったご実家をどうするのか家族会議をした結果、売却することになったとのこと。
そうなると、2階建一軒家を空っぽにする必要があります。途中までご自身で整理をしていたそうなのですが、その量の多さにとてもムリだということで、不動産屋さんを通じて当社にご依頼がありました。

ご実家からは、お母様の描いた絵画、着物、お父様の趣味だったカメラや撮られた写真の数々、たくさんの洋服や食器、そして家系図も出てきました。倉庫には年代物のカメラが多数と蓄音機なども保管されていました。それらを分別し、買取できる物は買取りを行い、撤去作業をさせていただきました。

作業終了後、「私達家族だけでは、ここまでするのにかなりの時間がかかったと思います。両親の思い出の品も見つけていただき、本当に依頼してよかったです」と言っていただけました。

大切なご両親のお家の整理をお手伝いができ、我々も嬉しく思います。
今後売却されるとのことですので、またここで新たな息吹が注がれることを楽しみにしている、空っぽの家を見てそんな気がしました。

大阪狭山市・1LDKマンションの遺品整理



遺品整理の作業に行って参りました。
ご依頼いただいたのは息子様。お一人暮らしのお母様が亡くなり遺品整理をして欲しいとのご依頼でした。

現場は1LDKのマンション。
片付ける前に親族で形見分けをしたそうで、一般のお宅より生活用品が非常に少なく、仕分けや片付け、トラックへの積み込み作業は2時間程度で終了しました。

箪笥の中に入ってあったかばんの中から貴金属と現金が発見されたので、作業後ご依頼主様にお返しさせていただいたところ大変驚かれた様子で、「全部見たつもりだったけど、プロの方に整理してもらうと出てくるものなのですね。」とおっしゃられていました。

多くの現場を片付けさせていただいている経験から、貴重品が残っていそうな場所がピンとくるのです。今回もそうでした。喜んでいただけてよかったです。

今回のように、まだ使える家電や日用品、洋服など形見分けをして親族の方が使うことで、故人様にとっても供養になると思います。処分する量も少なくなりますので、遺品整理の料金も非常にお安くできます。

しかし、実際に遺品整理をご依頼いただく方のほとんどは

・物が多すぎて片付けが進まない
・遠方からなかなか片付けに来る時間がない

といった方です。
どんな状態でも迅速丁寧な作業を心がけています。

まずはお気軽にご相談ください。

大阪狭山市・四十九日法要前の遺品整理とハウスクリーニング



遺品整理とハウスクリーニングのご依頼をいただき、作業をおこなって参りました。

お父様がお亡くなりになられ、四十九日法要をご実家でする事になり、至急遺品整理とハウスクリーニングをお願いしたいとのご依頼でした。

まずは1階和室。仏間で、法事が執り行われる予定のお部屋です。
仏壇と和箪笥を残し、その他の家財道具は全て不用品として搬出しました。

キッチンとリビングも不用品をほぼ処分し、床の汚れを落としてワックス掛けをさせていただきました。キッチンの水廻りのクリーニングもおこないました。

2階の和室にある家財道具は全て整理させて頂きました。
このお部屋は、法事の時にお客様のお泊まりになるお部屋として利用されるとのことでしたので、念入りにお掃除もさせていただきました。

作業終了後、ご依頼主さまにお部屋を確認させていただきましたところ、「これで安心して親戚にきてもらえます。」ととても喜んでいただけました。

ご依頼主さまとのお話の中で、お父様お亡くなりになって日もまだ浅く、法事がなければ遺品の整理に踏み切れなかったのかなと感じました。

ご依頼主様のホッとした表情を見ることができたことで、私共も肩の荷が少し落ちた感じがしました。