羽曳野市・一戸建て3DKのお宅での生前整理



先日、リフォーム会社様からのご紹介で生前整理のご依頼をいただきました。
ご依頼主様は70代のご夫婦で、一戸建て3DKのお宅での作業でした。

当日は、ご依頼主様ご夫婦も一緒に分別作業を行いながらの生前整理となりました。
一つ一つご依頼主様に確認を行いながら、必要な物・不要な物と分別・搬出を行う中で、写真関係や貴重品など探されていたものが出てきて、「え〜、こんな所にしまいこんでたんだ。探しても見つからないわけだなぁ」非常に喜んでおられました。

細かいものも非常に多く時間はかなりかかりましたが、国内外の様々な観光名所へご旅行に行かれたときの思い出話を聞かせていただいたりと、和やかな雰囲気の中で作業をさせていただきました。

「生前整理」とはご自身が元気なうちに、使っていない物や家具等の不用品を整理して処分することです。

ここ数年、
・亡くなったあと子どもに迷惑をかけたくない
・家族に迷惑をかける前に自分で整理したい
・老人ホームに入る前に整理しておきたい
などの理由で生前整理のご相談・ご依頼をいただくことが増えております。

くらし相談では、大掃除や大々的な片付けを不用品処理や買取も含めて行わせていただきますの、お気軽にご相談ください。

羽曳野市・夏から空き家になっているお宅の遺品整理



年末に、2階建て一戸建てでの遺品整理のご依頼をいただきました。
こちらでお住まいだったご依頼主さまのお父様は夏に亡くなられたとの事ですが、仕事が忙しくそのままになっていたようです。

しかし、いつまでも空き家にしておくわけにもいかないので、年内に片付けて年が明けたらリフォームして賃貸に出そうと考えられたようで、弊社へご連絡をいただきました。

今回の遺品整理の内容は、お庭にある大型の物置の中身も含め、全て処分をして欲しいというものでした。

家具、家電に食器類や大量の衣類、寝具など、トラック3台程の物量の整理になりました。
5名でお伺いしましたが、作業時間は8時間ほどかかってしまいました。

作業終了後、何もなくなった室内をご覧になられたご依頼主さまから、「ずっと気になっていたので、ようやく肩の荷がおりました。ありがとうございました。」と感謝の言葉をいただきました。

年明け早々にリフォームに取り掛かるとおっしゃられていましたので、春から夏には新しい入居者さんが入るのでしょうか。

ずっとお住まいだったお家に生活が戻る事、お父様もきっとお喜びになっているでしょうね。
何より1番の供養だと思います。

くらし相談では、急ぎの遺品整理にも対応しております。
お気軽にご相談くださいませ。

羽曳野市・「最初から依頼していればよかった」遺品整理の現場でよく言われる感想です



市営住宅で独り暮らしをされていたお父さまがお亡くなりになられ、お部屋の片付けをしてほしいとのご依頼がありました。

ご依頼いただいたのは故人様の息子さま。
今月中に賃貸契約を解約したいので、整理が間に合わないとのことでした。

お近くにお住いのご依頼主さまは、2ヶ月ほど仕事の合間に遺品の整理をおこっていたそうなのですが、このまま続けてもすべてを整理するのには後3ヶ月はかかると思い、家賃のことを考えれば専門業者に依頼したほうが安く済むと判断したのだそうです。

お見積りにお伺いさせていただきますと、大きな家具や電化製品、お布団や衣類などかなりの量が残されていました。また、エアコンの取外しや故人様が取り付けられた棚などの撤去も必要でした。

作業は、ご依頼主様立会いのもと3名のスタッフでおこないました。細かい荷物をご依頼主様がまとめてくださっていたので、3時間ほどで全ての荷物を運び出すことができました。

作業終了後、「こんなに早く綺麗にしていただけるなら、最初からお願いしたらよかった」とご依頼主さま。

実は、遺品整理の作業終了後によく言われる言葉です。
まだまだ遺品整理はご遺族様自身でしなければならないという固定概念があるのだなと思う瞬間です。
と同時に、我々がもっとお客様に寄り添った丁寧な作業をしていることを周知しなければならないと感じる瞬間でもあります。