藤井寺市・学生専用マンションからの引っ越しに伴う不用品回収



毎年3月は、大学に通うために独り暮らしをしていた学生が実家に帰ったり、就職のために引っ越したりというケースが多く、学生さんが四年間使って不要になる家具や家電製品の回収が増えてきます。

今回も学生専用マンションのお部屋の不用品回収のご依頼でした。
回収した不用品は、収納家具と冷蔵庫、ベッド、パソコン用のデスク、洗濯機、自転車、不用な書籍でした。

エレベーターのないマンションの3階だったので階段での搬出作業が必要な現場でしたが、学生さん達が手伝ってくれたのでかなりスピーディーに作業をすることができました。

ご依頼主さまは、卒業後は和歌山の実家に戻って家業を継ぐのだそうです。
今回も学生さんの新しい門出を応援できてとても嬉しく思います。

不用品は、自治体の粗大ごみや家電リサイクル法を使って処分すると、1個数百円程度から処分できるため、費用はほとんどかかりません。

しかし、事前に予約をしないといけなかったり、所定の日に所定の場所に持っていく必要があったりと、手間がかかります。小さなものならそこまで大変ではないですが、冷蔵庫やベッドなど大きなものを部屋から出すのは大変です。

不用品の回収に手間をかけたくない!と希望するなら、我々のような業者にお任せください。
電話1本で不用品を取りに伺いますので、事前にごみ処理券を用意したり分別して運び出したりする手間がかかりません。

その分、学生生活最期の春休みを思いっきり遊んだり、新しい生活の準備などに時間をかけたりしていただければいいなと思います。

藤井寺市・閉店店舗の片づけ・不用品回収のご依頼でした



閉店された店舗の片付け・不用品回収のご依頼をいただき行って参りました。

飲食店だったようで、業務用冷蔵庫からテーブル、イス、食器類など、ほぼ営業していた状態のままとなっていました。古くなった厨房や壁にかかっていたメニュー表が、長年この地で営業されていたのだなぁと思わせるものでした。

市街地の店舗でしたので、不用品を置ける場所がほとんどなく、搬出口に近い場所までまとめて運び、効率よく作業できるようにし、スタッフ4名で4時間ほどで作業を終了しました。

今年は新型コロナの影響から飲食業界には逆風が吹き荒れています。自粛ムードから客足が遠のき売上が下がった事から閉店や計画倒産が各都道府県で相次いでいるようです。当社へも、今回のように閉店された店舗の片付けのご相談・ご依頼が増えており、胸が痛みます。

今回ご依頼いただきました店舗のご主人は、ご高齢でいつお店を引退しようか考えていたところにコロナがおこり、お店を閉める決意ができたとプラスに捉えられていらっしゃいましたが、続けたくても続けられないという店舗も多いと思います。

早くこの状況から脱して今までの日常が戻り、店舗閉店の片付け依頼が今より増えないことを願うばかりです。

藤井寺市・夜逃げ現場の不用品回収



アパート経営をされている大家さんから、入居者さんが置いていった物を処分したいとのご相談がありました。

いわゆる夜逃げといわれるもので、家財道具や日用品等を置いたまま出て行かれたということでした。
警察にも相談し、処分しても問題ないと確認されたうえでのご相談でした。

お電話ではかなりの量の荷物があると伺っていたのですが、お見積もりにお伺いさせていただくと、想像していたよりは物が少なく、3名で作業すれば2時間ほどで片付きそうでした。

お見積金額をご提示すると想像していたより金額が安かったらしく、即決でお見積書にサインを頂き、そのまま作業に取り掛かりました。

お荷物の中からは、精神安定剤や睡眠薬?といった薬も見つかりました。
精神病院から処方された薬を飲んでいたようです。

郵便受けもいっぱいに詰まった状態で、公共料金などの督促状なども入ったままになっていました。

最近は、こういった夜逃げの現場の不用品回収のお問い合わせをいただくことが増えています。
実際に現場にお伺いすると、なんとも言えない気持ちになってしまいます。

そして大家さん側の大変さもヒシヒシと伝わってきます。
夜逃げをされてしまうと後始末は貸している側の負担になることが多いため、家賃は回収出来ない、不用品処分代は負担する、部屋は綺麗に原状回復しなければならないと踏んだり蹴ったりですから。

世知辛い世の中ですね。